現在のページ

教育体制のご紹介

院内教育の理念・目標

目的
国立病院機構の看護職員能力開発プログラム(ACTy Ver.2)に則り、独立行政法人国立病院機構 箱根病院および箱根病院看護部の理念に掲げる質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成する。

目標
1.箱根病院倫理綱領および職員行動規範に沿った行動をする。
2.最新の知識・技術と高い倫理観により、患者の安全・安楽な看護および介護を提供する。
3.看護部における教育・支援体制を再構築する。
4.看護部各人が病院運営に参画する意識を高く持ち、主体的に行動する。
5.多職種および同僚間に対して尊重した協働関係を持ち、責任を持って主体的にチーム医療を提供する。
6.神経難病看護の専門性を院内外に発信できる。
 

キャリアラダー研修 到達目標

(挑戦)
レベル
到達目標
レベル1 看護実践に必要な基本的能力を習得する
レベル2 1.根拠に基づいた看護を実践する
2.後輩と共に学習する
レベル3 1.個別性を重視した看護を提供する
2.看護実践者として、後輩に指導的役割を果たせる
レベル4 1.後輩の学習を支援する
2.チームリーダーとしての役割がとれる
レベル5 専門性の発揮、管理・教育的役割モデルとなり、研究への取り組みができる

キャリア支援

新採用看護職員の継続したキャリア支援を可能としたキャリアラダー


新人看護師を支える体制

令和2年度 新人研修計画一覧

コース 到達目標 研修内容 目標
職場の早期適応と看護実践者として基本的な能力を習得する。 呼吸器について 看護技術の習得と医療機器の取り扱い方法がわかる。
輸液・シリンジポンプ
採血・血糖測定器
救急対応 根拠に基づいた基本的技術の習得ができる。
災害対策 対策について基本的な知識を身につける。
フォローアップ
研修
3ヶ月 3ヶ月の振り返り
6ヶ月 6ヶ月後のフォローアップ
11ヶ月 1年の振り返り
神経筋・難病医療について基本的な能力を習得する。 疾患について 当院の特徴的疾患(筋ジストロフィー・ALS・パーキンソン病)や病態について学び、基礎的知識を身につける。
看護について 神経筋・難病疾患の特徴的な看護が理解できる。コミュニケーション障害、嚥下障害、呼吸障害について理解し、それらの障害を持つ患者の看護について学ぶ。


CONTENTS